« Windows 8.1 Pro with Media Centerについて気を付けるべきこと | トップページ | グループポリシーでWSUSを参照させる »

WSUS 4.0のインストール

手持ちの仮想サーバが増えてきたので、パッチ配布の効率化を狙って、WSUS 4.0を導入してみることにしました。



以下の構成でWSUSをインストールします。



・WSUS専用の単独サーバ



・OS:Windows Server 2012 R2



・DB:SQLServer 2014



 ※Windows Internal Databaseは使わない



WSUS 4.0は、Windows Server 2012以降の「役割と機能の追加」から、インストールします。単独のパッケージとしては提供がないので、Windows Server 2008 R2以前では利用できません。



(1)サーバマネージャで「役割と機能の追加」をクリックいます。右上の「管理」からも「役割と機能の追加」を選ぶことができます。



Wsus01



(2)次へ。



Wsus02





(3)「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選びます。



Wsus03



(4)ローカルサーバにWSUSをインストールするので、自ホストを選びます。



Wsus04



(5)「Windows Server Update Services」にチェックを入れます。



Wsus05



(6)チェックを入れると、関連機能もリストアップされるので、「機能の追加」をクリックします。



Wsus06



(7)必要な役割のチェックが入っているので、そのまま先へ進みます。



Wsus07



(8)必要な機能は自動でチェックが入っているので、そのまま先へ進みます。



Wsus08



(9)次へ。



Wsus09



(10)そのまま変更せずに、次へ。



Wsus10



(11)次へ。



Wsus11



(12)デフォルトは、WID(Windows Internal Database)のチェックが付いているので、チェックを外します。



Wsus12



(13)代わりに、データベースにチェックを入れる。これで、SQL ServerにWSUSのデータベースがインストールされます。



Wsus13



(14)Windows Updateのファイルを配置するパスを指定します。



Wsus14



(15)SQL、Serverのインスタンスを指定します。「コンピュータ名\インスタンス名」は名前付きインスタンスのSQL Serverの場合のなので、サーバで1つ目のインスタンス(デフォルトインスタンスの)場合は、「コンピュータ名」のみで良いです。



Wsus15



(16)「必要に応じて対象サーバを自動的に再起動する」にチェックを入れます。



Wsus16



(17)「はい」。



Wsus17



(18)インストールを開始します。



Wsus18



(19)続行中。



Wsus19



(20)インストールは完了したが、設定を入れないと、機能しません。「インストール後のタスクを起動すりる」をクリックします。



Wsus20



(21)ちなみに、この時点で、SQL Server上にWSUSのデータベース(SUSDB)が出来てます。



Wsus21



(22)設定ウィザードが起動したら、次へ進みます。



Wsus22



(23)次へ。



Wsus23



(24)1台目のWSUSなので、Microsoft Updateへ接続します。



Wsus24



(25)必要に応じて、Proxyを指定します。今回はProxyは無いので、空欄で進めます。



Wsus25



(26)更新情報をMicrospft Updateからダウンロードします。



Wsus26



(27)続行中。時間がかかります。



Wsus27



(28)ダウンロード(情報をだけ)が終わったので、次へ。



Wsus28



(29)ダウンロードするパッケージの言語を指定します。



Wsus29



(30)ダウンロードする製品を選びます。使わない製品は指定する必要はありませんが、Visual StudioやSQL Serverは、単独の製品以外でも、コンポーネントをインストールしている場合があるので、製品を絞りすぎると、本来必要なアップデートが漏れてしまうかも。実際にWSUS経由でアップデートしてみて、本来必要なアップデートがインストールされてないようなら、対象製品を見直した方が良いです。



Wsus30



(31)プログラムの種別も指定できるので、適宜指定します。このハードコピーはデフォルトの指定なので、これが必要最低限と捉えれば良いと思います。



Wsus31



(32)更新タイミングを指定します。社内システムなら、自動で同期するのが無難でしょうね。



Wsus32



(33)この際、まとめて初期同期もしておきます。



Wsus33



(34)これで、WSUSがを動かすのに、必要最低限の設定が完了しました。



Wsus34



(35)実際に、起動してみると、こんな感じ。まだ、承認も何もしてないので、未承認だらけですけど。



Wsus35



(36)各種レポートの表示ができます。



Wsus36



(37)ただし、Microsoft Report Viewer 2008をインストールしておく必要があります。後から、インストールしても、ちゃんとレポートは表示できます。

Download Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ from Official Microsoft Download Center

Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージのダウンロードについて

Wsus37



(38)Report Viewerをインストールすると、レポートが表示されるようになりました。



Wsus38











« Windows 8.1 Pro with Media Centerについて気を付けるべきこと | トップページ | グループポリシーでWSUSを参照させる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WSUS 4.0のインストール:

« Windows 8.1 Pro with Media Centerについて気を付けるべきこと | トップページ | グループポリシーでWSUSを参照させる »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ